マップ 報告書 掲示板 リンク 雑記帳
このサイトについて お問い合わせ
 


▲サイトの概要
▲運営方針
▲注意事項・免責事項
▲著作権について
▲当サイトへのリンクについて

サイトの概要
 江戸時代にとられた鎖国政策で、近代化という点において欧米に大きく遅れをとっていた日本。しかし江戸時代末期から、わが国の政治、経済、科学技術は驚くべきスピードで近代化されてきた。当時の日本は西洋の産業・土木の最新技術を貪欲に取り入れるだけでなく、日本の実情に合わせて応用し自分達の技術とすることで短期間で近代化を成しえたのである。
 明治・大正・昭和の時代を駆け抜けた、日本近代化の静かなる証人が近代化遺産・産業遺産と呼ばれるものである。このサイトの目的は、多くの人に九州にも数多く残る近代化遺産・産業遺産を知ってもらい、身近にあるそれらの価値に気づいてもらうことである。

 …って、書けたらカッコイイんですが、実は本音はちょっと違います。

 みなさんは自分が住んでいる町やいつも通る道路脇などに、気になる古い建物などはないですか?特に文化財に指定されているようでもないけれど、古くも威厳を感じさせるような“遺構”や“建物”などってありますよね。そのような物件を少しでも調べてみると、意外な発見があったりして結構面白いものです。「へー!昔はそんなものがあったんだ!」と驚くことばかりで、今や古ぼけた遺構でも、その歴史の中には色々なドラマを見ることができます。このサイトはわたくし管理人のゴン太が興味を持った古い遺構などを探検気分で調査し、「そうなんだ!知らなかったよ。びっくり!」と思ったことを「みんな!知ってたかい?」的なノリで報告していきます。なお、このサイトでは「報告書」とありますが、中身は「探訪記」や「見学日記」のようなものです。私は素人ですので学術的な正しい報告書は書けません(笑)。期待された方はゴメンナサイ(汗)。

 当サイトのドメイン名とページタイトルにある「九州へリテージ」とは直訳すると「九州遺産」。その名の通りに、近代化遺産や産業遺産と呼ばれる物件を中心に紹介していきたいと思っています。しかしそれらは既に多くの出版物やWebサイトなどでも紹介されいます。当サイトは、それらに紹介される王道を行く「遺産」以外にも、対象を幅広く持ちたいと考えています。中には的ハズレな物件もあるかもしれませんが「へー、九州にもこんなものがあったんだ」と、関心を持っていただけたら幸いです。

 
運営方針
  1. 「調査報告書」の取材・調査にあたっては、安全確保とコンプライアンスを第一に行います。
  2. 読者のみなさんが読みやすく分かりやすいサイト制作を目指します。
  3. 読者のみなさんも一緒に遺構探検をしている気分になれる楽しい報告書作りを目指します。
  4. 遺構の姿を正確に、かつ美しく伝えるための写真撮影を目指します。
 
注意事項・免責事項
  1. 当サイトで紹介している物件は、一般に開放されていなかったり、人が立ち入るように整備されていない危険な箇所があります。記事の内容を安易に真似されますと生命に関わる重大な事故につながる危険性があります。また、調査で立ち入る為に管理者に許可申請した物件もあります。そのような物件に無断で立ち入ると「建造物侵入」や「住居不法侵入」の罪に問われる場合もあります。ご自分で行動される場合は自己責任のもとでお願いします。
  2. 管理人ゴン太は当サイトで紹介した全ての行為を広く推奨する意図はありません。
  3. 管理人ゴン太は利用者が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  4. 管理人ゴン太は利用者が当サイトの情報を用いて発生した事故や損害、その他不利益な事態に巻き込まれたとしても、何ら責任を負うものではありません。
  5. 当サイトで紹介した記事や情報の正確性には注意はしていますが、間違いであったり勘違いであったりする可能性もあります。当サイトの間違いで発生した利用者の損害、その他不利益な事態に巻き込まれたとしても、管理人ゴン太は何ら責任を負うものではありません。
 
著作権について

 当サイトに記載されている全ての文章・画像(写真・イラスト)などの著作権はわたくし管理人のゴン太に帰属します。また、当サイト内で引用・転載などの表記をしている画像等は、それぞれの原著作者が著作権を所有しています。団体・個人に関係なくいかなる場合も、これら著作物を無断で複製・転載することはできません。

 当サイト内の著作物は、個人的な範囲内においての使用は自由です。しかしWebサイト・報告書・論文・チラシ・ポスター・書籍・放送・商品などへの無断複製・転載は“個人的な範囲”を超えて著作権の侵害に該当すると判断します。当サイト内の写真・イラスト・文章などの複製・転載を希望される場合は、必ず事前に連絡をお願いいたします。また引用は一般的な要件(出所の明示など)を満たしている場合に限り著作権法によって認められています。当サイトの著作物を引用される場合は、引用箇所と他の部分の違いを明確にし、著作者が「九州ヘリテージhttp://kyushu-heritage.jp ゴン太」であることをはっきりと明記してください。引用における要件については以下のリンク先のWebサイトを参考にしてください。【引用(Wikipedia)

 
当サイトへのリンクについて

当サイトへのリンクはフリーですが、リンクしたことを事後でも構いませんのでメール掲示板でご連絡いただけると嬉しいです。リンクはどのページでも直接リンクして頂いて構いませんが、リンク元のページと区別できるように、必ず別ウインドウで表示するようにしてください。リンクバナーはよかったら使ってください。